北海道立総合研究機構研究職員データベース

本部研究戦略部の検索結果

中辻 敏朗 ( なかつじ としろう )
所属本部研究戦略部
役職部長
PR重粘土草地に対する低水分ストレスの影響評価、硝酸性窒素による地下水汚染の防止、地球温暖化の作物生産への影響評価、クリーン農業および有機農業における土壌・肥培管理技術、農業系未利用バイオマスの有効利用、土壌凍結深制御による畑土壌の肥沃度管理などの研究に従事してきました。現在は法人本部で道総研の総合力を活かしたプロジェクト研究の企画・立案に携わっています。

佐野 稔 ( さの みのる )
所属本部研究戦略部企画グループ
役職主幹
PRミズダコ、マナマコの資源変動に関するモニタリングと資源管理の技術開発を行っています。また,漁船の操業情報を活用した資源管理支援システムの開発を行っています。さらに、小型海藻の陸上養殖技術開発を進めています。共同研究のご要望がございましたらお問い合わせください。

齋藤 茂樹 ( さいとう しげき )
所属本部研究戦略部企画グループ
役職主査
PR建築ストックの量・質に着目した統計調査などを行っており、最近では市町村の空き家数推定に取り組んでいます。また、新たな建材や構法の開発に係る検討を行っています。その他、国の省エネ基準策定に係る委員会等に参画しています。

清水 茂雅 ( しみず しげまさ )
所属本部研究戦略部企画グループ
役職主査
PR専門は食品衛生(衛生指標細菌)や食品加工に関する研究です。令和3年4月より道総研本部研究戦略部に所属し、道総研の研究企画能力向上やプロジェクト運営に関する業務を担当しています。前任地では食品製造工程の衛生管理のアドバイスや乾燥品の品質向上、低利用素材を活用した新商品開発などの技術支援を実施しておりました。

谷口 円 ( たにぐち まどか )
所属本部研究戦略部連携広報グループ
役職主幹
PR北海道という日本の中でも最も厳しい環境条件にある建築材料(特にコンクリート)の劣化メカニズムの解明や損傷度評価手法、寒中施工法等を専門としながら、使用目的,期待される供用期間に応じた合理的な建築物のライフサイクルマネジメントを可能とするための研究を進めています。

川等 恒治 ( かわとう こうじ )
所属本部研究戦略部連携広報グループ
役職主査
PR研究課題の企画・調整・評価に関する業務が主な仕事です。研究部在籍中は、木製遊具を始めとする木製品のデザイン開発の研究をやっていました。

川上 源太郎 ( かわかみ げんたろう )
所属本部研究戦略部連携広報グループ
役職主査
PR地質学(とくに層序学)をベースに、さまざまな業務に取り組んでいます。最近は沖積層や津波堆積物などを扱ってきました。また2019年から緩傾斜の斜面で発生した災害を対象に、地質の側面から見た要因の解明や、危険な斜面の抽出を目指した研究を行っています。

7件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

本部研究戦略部
企画グループ

連携広報グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.